対応可能な詐欺について

サイト系詐欺

オークションサイトなどで偽物を送付したり、実在する企業・金融機関を装い、巧みに偽サイトへ誘導し、クレジットカードや暗証番号などの個人情報を第三者に流出させる詐欺手法。
ブログなどで詐欺商材を売ったり、懸賞サイトに登録させ、悪質出会い系に流したり、個人情報売買を目的に登録させたりもする。

振り込め詐欺

オレオレ詐欺をはじめ、多重債務者や資金繰りに悩む企業の経営者をターゲットに騙し取る融資保証詐欺、そしてPCや携帯電話を使用する方なら誰もが起こり得るワンクリック詐欺は、認証ボタン・画像・その他リンクなどをクリックしただけで勝手に料金を請求させられる。

投資系詐欺

主に株・先物取引・社債・不動産投資などを餌に金銭を集め、多くは自転車操業的な配当が支払われ、その配当によって信用した被害者が多額の金銭を騙し取られるケースが多く発生。
配当金はおろか投資した元金さえ戻らないことがほとんどで被害額が億単位となるケースも確認されている。
高い配当や公共性・根拠のない安全性などを謳う事が多いが、計画的に会社を倒産させる悪質なケースも多い。

恋愛詐欺

結婚願望や恋愛感情を巧みに操り、相手をその気にさせ、金品を詐取する。被害者は精神的にも被害を被ることになるが、刑事事件としてはその立証は困難。
出会うきっかけは結婚相談所・出会い系サイトなど様々。またデート商法では男女問わず“デート”と称して無理やり展示会場に連れて行き、高額な宝石・毛皮・絵画等の購入を迫られる。
「美人局」(つつもたせ)は男女が共謀して行う恐喝または詐欺行為である。一方の「交際クラブ」などでは「セレブな女性とデートして夢のような報酬」等の広告で、男性を集め、その男性から高額の入会金や交際成立の保証金を騙し取る詐欺。

その他の詐欺

昨今被害が多くなっているのが別名“ほめほめ商法”とも言われる「俳句短歌詐欺」。作品を褒めちぎって掲載を持ちかけ、無料掲載と思わせ最終的に高額な掲載料を請求する。
短歌の他にも盆栽・山野草・木彫石彫・生花・手工芸・和洋裁・写真・絵画・書道など。他に急増している詐欺は「芸能・タレント詐欺」。芸能プロダクションやモデル事務所を名乗り、街中でスカウトし、登録料やレッスン料、撮影料等の名目で金銭を騙し取る詐欺。
一方、詐欺ではないが「闇金」や「悪質金融詐欺」も総量規制の影響で急増。最近では堂々と立派なホームページを開設し、“弊社のホームページを模倣して融資詐欺が行なわれているようですので、十分ご注意ください。不審なDM、チラシを受け取った方は弊社までお問い合わせいただきますとともに、最寄りの警察にご一報くださるようお願いいたします”といかにも貸金業協会に登録している優良業者のように書かれた闇金もいるので注意しなくてはならない。

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード