未公開株詐欺・投資詐欺

未公開株詐欺・投資詐欺

「確実に儲かる未公開株」 儲かるのなら、他人に譲るはずはありません。

株券さえも送付されていない等、不安を感じたら、すぐにご相談ください。

未公開株詐欺・投資詐欺の手口

一般投資家に対して、実際には上場する予定がないにもかかわらず、「上場間近の未公開株」「値上がり確実」「あなただけに特別に譲渡」など甘い言葉で誘って、執拗に購入を持ちかけ不当に金銭を集める詐欺です。

最近では実在する証券会社や金融商品仲介業者の名前を騙って安心させ、取引を持ちかける手口が増えています。
証券会社は、グリーンシート銘柄や一定の要件を満たして日本証券業協会が認めた銘柄以外の未公開株の勧誘は出来ません。
また、金融商品仲介業者は自らが契約の相手方になることはできませんので、こういった勧誘には十分ご注意下さい。
悪質なものでは発行会社自体が架空会社であるなど、違法な詐欺である可能性が非常に高いのでご注意ください。

心当たりはありませんか?

  • 「未公開株買えば必ず儲かる」「上場間近」「値上がり確実」こんな言葉で勧誘がありませんでしたか?
  • その業者は証券業登録がされている証券会社ですか?
  • その発行会社自体は存在していますか?
  • その発行会社のホームページに「当社株式への投資勧誘に関する注意喚起」等の記載されていませんか?
  • 未公開株販売業者から渡された未公開株が本物でしょうか?
  • 未公開株の譲渡制限についてはご存知ですか?

ご相談例

自宅に、A社の株式上場準備室というところから電話で「今度ジャスダックに上場することになりまして、その前に皆さんに自社株の購入をお勧めしています」のと勧誘があったが、いつもの電話セールスかと思い断わりました。
その直後、今度は株式ブローカーを名乗る男から電話があり、「未公開株を高く買います」と言われました。
そのブローカーが「優良株」として挙げた企業の中に先ほどの「A社」の名前がありました。
「そんなにいい株だったのか」と、計300万円を投資しましたが、その後、経営陣の失跡を知らされました。
今になって、ブローカーとグルだったとわかり、ショックでなりません。

解決方法

「未公開株」は譲渡制限がある場合が多く、一般的に株券が出回ることはありませんし、まともな証券会社は、電話で未公開株の購入を勧誘したりはしません。
しかし、あまり知識のない個人投資家や投資経験のない高齢者などは甘い言葉で勧誘され、お金を騙し取られてしまいます。
上記の被害のように、具体的な上場予定がないのに「上場する」などと勧誘した場合、消費者契約法の「不実告知」にあたり、契約は「取消」、そして「返金」となるべきです。

しかし、詐欺師たちは法律の抜け道を知っていますので、その抜け道を主張し、はなから法律などは無視する彼らは、すんなり返金に応じることはないでしょう。
他にも、業者の存在すらなく、弁護士が介入しても、結局回収できないので泣き寝入りするしかないのか?というご相談も多数頂いております。

騙されて振り込んでしまったお金を取り戻すには、まずは相手の身元を確定しないと返金請求が出来ません。
弊社では専門スタッフが徹底した調査を行い、相手業者の身元を割り出します。
なかなか応じなかった業者も最終的には、全額返金させた案件もございます。
徹底的にご相談者様をサポートいたしますので、諦めてしまう前に一度ご相談ください。

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード