電話での相談の仕方について

電話して何を話せばいい?

詐欺被害にあってしまった時は、パニックに陥ってしまったり、動揺して精神的に落ち着かない状況である事がほとんどです。
まずはあなたが置かれてしまっている状況、感じている懸念、抱いている不安をなんでもお話ください。

何を話したらいいかわからないといった場合でも、ご相談対応に熟練した相談スタッフが、対応策を検討する上で必要となる情報を丁寧にうかがいますので、ご安心ください。
対応策を検討する上では不要な、個人を特定できるような情報などをこちらから聞くことはございません。あくまで、詐欺被害を解決するための情報だけをおうかがいします。

お伺いすることと準備しておくとよいもの

  • 手口について(身に覚えの無い請求をされた、明らかに価値の無い情報を買わされたなど)
  • 被害額(振込用紙など)
  • 詐欺業者の情報(ホームページやメールアドレスなど)

相談してみようか迷っていませんか?

詐欺に引っかかってしまった事、また詐欺に引っかかってしまったかもしれないという状況。
これらを「恥ずかしい」と感じ、相談することをためらい、泣き寝入りしてしまう方がとても多くいらっしゃいます。

詐欺師はあなたのその心理も踏まえた上で詐欺行為を働いています!

近年の詐欺は行動学や心理学を基礎とし、非常に緻密に練り上げられたものが殆どであり、誰でも被害にあってしまう可能性がある状況です。
あなたが泣き寝入りをしないで、できる限りのことをして戦おう!と思ったときに、悪徳業者から一円でも多くの被害金を返金させ、手助けをすることが我々の使命です。

どうぞいつでもご相談をお寄せください。

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード