「ヤミ金」6人を再逮捕 新庄署など、1250人から入金1億超

 東京都内のヤミ金融グループのメンバー6人が逮捕された事件で、新庄署と県警生活環境課は6日、出資法違反(超高金利の受領)の疑いで、この6人を再逮捕した。県警のこれまでの調べで、グループが開設した金融機関の口座は約260に上り、全国約1250人から1億円を超える入金が確認された。

 再逮捕されたのは▽東京都文京区千石3丁目、金融業長谷川和也(27)▽同千代田区富士見1丁目、貸金業従業員榊原綱一(27)▽埼玉県ふじみ野市西2丁目、同田中健太(28)▽東京都中野区江古田2丁目、同内山和樹(28)▽同区野方3丁目、同平井裕司(21)▽東京都北区中里2丁目、元貸金業従業員でアルバイト従業員小林辰夫(34)-の6容疑者。

 6人の逮捕容疑は、今年3月下旬、広島県の男性=当時(56)=に1万5000円を貸し付け、埼玉県内の銀行に開設した口座に、翌4月に2回にわたり計2万3000円を振り込ませ、「超高金利」である1日あたり0.3%の約12倍の利息8000円を受け取った疑い。

 同署によると、長谷川容疑者らは2007年6月ごろから、東京都内のマンションの一室を事務所としてヤミ金融業を営み、「フクドメ」「ヤマダ」などの名前をかたって携帯電話で融資を持ち掛けていたとみられる。6人は先月、この広島県の男性から法外な利息を受け取ったとして逮捕されていた。

2011年07月07日 09:47

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード