「レコーディングに資金必要」交際女性から270万円詐取 容疑のプロデューサー名乗った作業員逮捕

 音楽のプロデューサーを名乗って「レコーディング資金が必要」などとうそを言い、交際相手の女性から現金をだまし取ったとして、警視庁深川署は詐欺の疑いで、住所不定、畜産作業員、木下智之容疑者(48)を逮捕した。同署によると、「金は受け取ったが、だましたつもりはない」と容疑を否認しているという。

 逮捕容疑は平成22年2月下旬ごろ、交際していた都内の女性会社員(54)に、「プロデューサーの仕事が入ってレコーディング資金が必要なので貸してほしい。給料で返す」などとうそを言って、現金270万円を銀行口座に振り込ませてだまし取ったとしている。

 同署によると、木下容疑者と女性は21年6月にインターネットの音楽サイトで知り合い、交際を始めたという。木下容疑者は偽名を使ってプロデューサー兼ミュージシャンと名乗っていた。金を振り込んだ後、しばらくして木下容疑者と連絡が取れなくなったことを不審に思った女性が、今年はじめ、同署に相談していたという。

2011.7.1 16:12

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード