「ロコ・ロンドン」詐欺事件 容疑の実質経営者ら再逮捕

 「ロコ・ロンドン金取引」と呼ばれる金の現物取引市場に投資するように装い、三重県の女性から保証金名目で約150万円をだまし取ったとして、県警生活環境課と草津署などは11日、詐欺の疑いで、経営コンサルタント会社「JCインターナショナル」(大阪市北区)の実質経営者で大阪市都島区の宮田寛(37)ら4被告=同じ手口の詐欺罪で起訴=を再逮捕、新たに同社元営業主任の梶平祐三容疑者(46)=大阪府寝屋川市=を逮捕した。

 県警によると、5人はいずれも「間違いありません」と容疑を認めている。

 5人の再逮捕・逮捕容疑は、昨年5月中旬ごろ、三重県松坂市内の女性(80)に「100万円預けると1日につき450円の固定金利がつく。金の価格は上がり続けており、損をするようなことはない」などと電話。保証金として現金計約150万円をだまし取ったとしている。

 再逮捕された4人は、昨年、京都府城陽市と兵庫県姫路市の女性2人に、同様の誘い文句で、保証金としてそれぞれ150万円、537万円をだまし取ったとして、別の3人とともに詐欺容疑で逮捕、起訴されていた。

2011.7.12 02:51

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード