ネット上で口座売買の男逮捕 詐欺事件への悪用も

 「銀行口座を売る」などとインターネットの掲示板に書き込んだとして、36歳の男が逮捕されました。男が売った口座は詐欺事件に悪用されていました。

 東京・練馬区の広川秀樹容疑者は今年5月、「銀行口座を売る」などとインターネットの掲示板に書き込んだ疑いが持たれています。警視庁によりますと、広川容疑者は自分の名義で開設した口座をおよそ1万円で売ろうとしていました。広川容疑者は去年6月にも同じ容疑で逮捕され、執行猶予期間中でした。警視庁の調べに対し、「ほかにも10件くらい書き込んだ、生活費のためにやった」と容疑を認めています。広川容疑者がこれまでに販売した口座の一部は、2年前からネットオークション詐欺に悪用されていたということです。

(07/19 14:55)元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード