三井ホーム元社員を逮捕=2900万円横領容疑-警視庁

 下請け業務の架空発注などで、住宅メーカー「三井ホーム」(東京都新宿区)から約2900万円を着服したとして、警視庁捜査2課と池袋署は28日、業務上横領容疑で、東久留米市東本町、元同社社員柳詰清孝容疑者(52)を逮捕した。「遊興費や飲食代に使った」と供述しているという。

 三井ホームによると、柳詰容疑者は都内の支店の事務管理統括マネジャーで、経理を統括していた。2003年12月~今年2月、計約1億9000万円を不正に引き出したという。

 逮捕容疑は05年5月~07年8月、下請け業者への発注を装い、コンサルタント料や測量費の支払い名目で同社支店名義の口座から現金約2900万円を着服した疑い。

 今年2月に社内調査で不正が発覚。同社は3月17日付で同容疑者を懲戒解雇し、警視庁に先月、告訴した。

(2011/07/28-12:28)元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード