九電の社名使い義援金詐欺未遂 熊本市

 九州電力熊本支社は8日、九電の社名を使って義援金名目で金をだまし取ろうとする事件が熊本市内で確認され、熊本東署に届け出たと発表した。「当社が義援金の集金で訪問することはない」と注意を呼び掛けている。

 同支社によると、7日朝、熊本市の民家のポストに、九電の社名を記した封筒が投函(とうかん)されているのが見つかった。「東日本大震災の復興支援として3万円を集金します。この封筒に金を入れて、ポストに置いて下さい」と印字された便箋2枚が入っていたという。民家に住む夫妻が8日、九電に相談して発覚した。

=2011/07/09付 西日本新聞朝刊=

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード