寸借詐欺、本物そっくり模型携帯預け信用させる

 東日本大震災の影響で銀行の現金自動預け払い機(ATM)が使えないとウソをつき、訪れた店で「金を貸してほしい」と借金をした韓国人の男(41)(入管難民法違反容疑で逮捕)について、警視庁駒込署は13日にも詐欺容疑で再逮捕する方針を固めた。

 同庁は、男が都内のほか新潟、山口、大分の3県で、外国人経営の飲食店ばかりを狙い、約30店で計約70万円の寸借詐欺を重ねていたとみて、捜査している。

 捜査関係者によると、男は3月11日、文京区内のインド料理店で、「これから友人を店に呼ぶのでシャンパンを買ってきたいが、震災の影響でATMが使えない」とウソをつき、店から現金3万円を詐取した疑い。「また戻る」と言い残し、名刺と携帯電話を店に置いていったが、名刺は他人のもので、携帯電話は本物そっくりのサンプル品だった。

(2011年7月13日10時04分 読売新聞)

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード