息子名乗り345万円詐取

60歳代女性被害

 江南署は4日、江南市の60歳代の無職女性が振り込め詐欺に遭い、現金345万円余りをだまし取られたと発表した。同署は被害に遭わないよう注意を呼びかけている。

 発表によると、6月22日朝、女性宅に息子を名乗る男から「風邪をひいて休んでいる。携帯電話を落としたので番号が変わった」と電話があった。翌23日朝、再び息子を名乗る男が「会社の金を使い込んでしまった。会社に知られたら辞めなければならない」などと金を要求。女性は同日、銀行のATM(現金自動預け払い機)から約98万円を振り込み、男がさらに要求してきたため、24日までに計5回にわたり345万5600円を振り込んだという。

 同署管内の振り込め詐欺被害は今年3件目。いずれも60歳代女性が被害に遭っている。

(2011年7月5日 読売新聞)

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード