指定暴力団住吉会系暴力団幹部、うその社債購入話持ちかけ現金詐取の疑い 逮捕へ

指定暴力団住吉会系の暴力団幹部が、東京都内の男性にうその社債購入話を持ちかけ、現金をだまし取っていた疑いが強まり、警視庁はこの幹部を逮捕する方針。

詐欺の疑いで逮捕状が出されているのは、別の振り込め詐欺事件で逮捕・起訴され、すでに公判中の住吉会系暴力団幹部・平井宗行容疑者(32)。

調べによると、平井容疑者は、都内の会社社長の男性に「レアメタルなどを販売する会社の社債を買い取ってほしい」などとうその購入話を持ちかけ、現金およそ1,000万円をだまし取った疑いが持たれている。

平井容疑者は、振り込め詐欺グループのリーダーで、これまでに同様の手口でおよそ4億円をだまし取っていたとみられている。

警視庁は20日朝、平井容疑者の身柄を東京拘置所から移送し、今後、逮捕する方針。

(07/20 12:49)

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード