振り込め詐欺:不審電話、静岡市立高卒業生宅に相次ぐ 今月32件 /静岡

 ◇50万円被害

 7月に入り、静岡市立高校卒業生宅を狙った振り込め詐欺とみられる不審電話が相次いでいる。県警生活安全企画課によると、1~12日に同校卒業生宅にあった不審電話は32件で、8日には、静岡市葵区の女性(63)が50万円をだまし取られた。いずれも卒業生の名前を話していることから、同課は卒業生名簿が流出しているとみて注意を呼びかけている。

 同課によると、電話は30代の男性卒業生がいる家を中心にかかってきており、午前中に「風邪で声が変わった」「携帯が壊れて番号が変わった」と電話があった後、午後10時ごろに「株で借金をした」とお金を求めてくる例が多いという。同課は「これまでの電話より遅い時間帯。60~70代の人の多くが寝ていて、思考がぼやけている時間を狙っているのではないか」と話している。

 県警によると、今年1月から7月12日までのオレオレ詐欺の被害は1億1988万円で、前年同時期より2876万円増えているという。【平塚雄太】

毎日新聞 2011年7月14日 地方版

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード