振り込め詐欺:被告に懲役9年--地裁判決 /千葉

 振り込め詐欺グループのリーダー格で、高齢者などから現金をだまし取ったとして詐欺罪などに問われた市川市大和田、建築業、金子昌史被告(32)に対する判決公判で、千葉地裁は19日、懲役9年(求刑・懲役13年)の有罪判決を言い渡した。細谷泰暢裁判官は「子供や兄弟に対する情愛につけ込む卑劣で悪質な犯行」と指摘した。

 判決によると、金子被告は仲間と共謀し、07年12月~08年5月、埼玉県や群馬県などの男女十数人に親族を装って電話し、計約2750万円をだまし取った。【斎川瞳】

毎日新聞 2011年7月20日 地方版

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード