掛川で振り込め 女性50万円被害

 6日正午ごろ、掛川市内の女性(56)が息子を名乗る男から電話を受けて現金200万円を振り込み、50万円をだまし取られたと掛川署に届けた。同署は振り込め詐欺事件とみて調べている。

 同署によると、女性は男から「株に手を出して100万円借金した」と言われた後、ファイナンス会社を名乗る人から「他にも100万円借りている」と電話を受け、掛川市内の現金自動預払機(ATM)から県外の二つの口座に計200万円を振り込んだ。

 振込先の一つの口座は浜松東署の事件捜査で凍結されていたため、掛川署が本人に連絡してだまされたことが分かった。一方の口座の50万円は振り込んだ直後に引き出されていたという。

(7/ 7 07:37)

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード