整体師妻を再逮捕 共犯女から240万円詐取容疑 茨城

 ひたちなか市のマンションで整体師、沢田孝幸さん=当時(37)=を刺殺したとして起訴された妻の整体師、さつき被告(38)が、共犯とされる知人の准看護師、菊池明代被告(27)らから現金をだまし取った疑いがあるとして、ひたちなか西署は11日、詐欺の疑いで再逮捕した。

 同署の調べによると、さつき容疑者は平成21年6月ころ、菊池被告が出会い系サイトでメールをやりとりするようになった男性について「男性は暴力団員で、暴力を振るわれた。ボディーガードを雇うため借金をしたので返してほしい」と嘘をつき、菊池被告から昨年3月~今年5月に計約240万円をだまし取った疑いが持たれている。

 また、18年9月と19年3月には元夫の男性(42)=東京都墨田区=に対し、友人になりすまし、「(さつき容疑者が)風俗で働かされている」と嘘のメールを送り、現金計約210万円をだまし取ったとされる。調べに対し、さつき容疑者は詐欺の容疑を認めている。

 同署によると、菊池被告はメール相手の男性について、さつき容疑者に相談していたが、男性が暴力団員という事実や男性に暴力を受けた事実はなかった。

2011.7.12 02:35

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード