日銀本店、偽札見抜けず=72万円詐取、45歳男起訴-長野

 一部が破損したように装った偽1万円札を日銀本店(東京)で新札と交換し、計72万円をだまし取ったとして、長野地検は20日、横浜市保土ケ谷区峰岡町、自営業志田佳浩容疑者(45)を詐欺と有印私文書偽造などの罪で追起訴した。

 起訴状などによると、志田容疑者は昨年12月24日と29日、日銀本店の発券局窓口で、破損したと見せ掛けた偽1万円札を計72枚持ち込み真正紙幣と交換したとされる。

 日銀は破損した紙幣でも、3分の2以上が残っている場合は同額の紙幣に交換している。

 長野地検は「模倣犯を防ぐため、偽札の詳細な手口は明かせない」としている。

(2011/07/20-20:17)元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード