津波流失通帳から現金詐取か 男を逮捕

相馬署は28日までに、有印私文書偽造・同行使、詐欺の疑いで飯舘村関沢、アルバイト土木作業員庄司強容疑者(53)を逮捕した。

同署の調べでは庄司容疑者は4月初旬ごろ、相馬市内の金融機関窓口で同市原釜の無職女性(67)の通帳と印鑑を使い、女性に依頼されたように装って女性の口座から自身の口座に2度にわたり計66万円を振り込ませた疑い。

同署によると、女性の自宅は東日本大震災の津波で損壊しており、通帳と印鑑は流されていたとみられる。

庄司容疑者は相馬市内でがれき撤去などのアルバイト作業に当たっていたという。

同署は通帳と印鑑をどのように入手したかなどを追及している。

庄司容疑者は福島第一原発事故の影響で相馬市の仮設住宅に避難していた。

2011年07月29日 11時30分配信

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード