被災者かたり詐取容疑

 東日本大震災の被災者を装い、非政府組織(NGO)が運営する支援サイトを通じて埼玉県の男性から支援品をだまし取ったとして、愛知県警北署は29日、詐欺の疑いで、愛知県津島市越津町、無職服部匡哉容疑者(21)を逮捕した。

 逮捕容疑は5月下旬、インターネット上の被災者支援サイトに登録し「愛知県の親戚を頼って福島県から避難した。借家を転々とし、家族や友人が化粧品や育児用品を必要としている」などとうそを書き込み、埼玉県宮代町の男性会社員(40)からインクカートリッジ9個(時価約2万円)をだまし取った疑い。

 同署によると、服部容疑者はほかに12回にわたり、複数の人からベビーカーや衣類などの支援品を受け取っていた。運営するNGOから6月中旬に「支援品を転売している人がいる」との相談があった。

 サイトは誰でも登録でき、被災証明書などは必要なかった。服部容疑者の登録は既に削除したという。

(2011年7月29日19時54分 スポーツ報知)

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード