詐欺:ホームレス名使い1700万円だまし取る 容疑で男を再逮捕--東署 /福岡

 東署は4日、知人のホームレス男性の名前を語って住宅ローンの融資金をだまし取ったとして、東区千早6、無職、田中正三郎被告(67)=別の詐欺罪などで起訴=を詐欺容疑で再逮捕した。

 容疑は09年8月、知人のホームレス男性の名前を使った虚偽の源泉徴収票や、自身の写真を張った男性名義の住民基本台帳カードなどを使用し、中央区の住宅ローン取扱店で約1800万円の住宅ローンを申し込み、翌9月に手数料を差し引いた約1700万円をだまし取った、としている。他にも同様の手口で3000万円以上をだまし取ったとみて余罪を追及している。

 同署によると、田中容疑者はこの男性に食事を提供するなどし、08年11月ごろから親しくなった。その後、男性を同居させたことにして住民票を移し、男性の名前を利用するようになったという。【遠山和宏】〔福岡都市圏版〕

毎日新聞 2011年7月5日 地方版

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード