詐欺:占師装い2000万円余だまし取った疑い 県警、2人再逮捕 /岩手

 県警は20日、占師を装って元同僚の女性から現金二千数百万円をだまし取ったとして、住所不定、清掃員、赤岩照(71)と東京都杉並区上荻2、無職、武田美由紀(62)の両容疑者を詐欺容疑で再逮捕した。

 逮捕容疑は、06年12月上旬ごろ、金ケ崎町の農業の女性(39)に「神前でお金を清める」などとうそをつき、現金二千数百万円を赤岩容疑者名義の銀行口座に振り込ませ、だまし取ったとしている。

 県警によると、被害者の女性と武田容疑者は以前、同じ職場で働いていた。両容疑者は現金を振り込ませたことは認めているが、「だまし取ったつもりはない」と容疑を否認しているという。

 両容疑者は6月30日に、同じ女性から同様の手口で約900万円をだまし取った詐欺容疑で逮捕されており、県警はさらに調べている。【宮崎隆】

毎日新聞 2011年7月21日 地方版

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード