詐欺:投資話で3000万円詐取 容疑で男を追送検へ--高松北署 /香川

 偽のもうけ話で元同僚から計450万円をだまし取ったとされる高松市栗林町2、無職、藤原達也被告(58)=詐欺罪で起訴=が、別の3人から同様手口で約3000万円をだまし取った疑いのあることが8日、高松北署への取材で分かった。同署は藤原被告を近く詐欺容疑で追送検する。

 同署の調べでは、藤原被告が市内の食品メーカーに勤務していた04年8月~05年1月、同僚や取引先の知人計3人に「食品パッケージ製作会社の印判の権利を1口150万円で買い取れば、毎月投資額の5%の配当を受けられる」などと持ち掛け、約3000万円を口座に振り込ませるなどしたとしている。

 藤原被告は「借金の返済に当てた」などと供述しているという。【鈴木理之】

毎日新聞 2011年7月9日 地方版

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード