転換社債購入名目、 詐欺容疑者を逮捕

 転換社債を買う名目で現金3500万円をだまし取ったとして、大分中央署は20日、大分市大石町5丁目、無職清水純夫容疑者(62)=別件の詐欺罪で起訴勾留中=を詐欺容疑で逮捕し、発表した。容疑を認めているという。

 同署によると、清水容疑者は5月30日~6月22日、京都市の無職男性(69)から4回にわたり、清水容疑者が代表を務める浄化装置販売会社「クリーンミスト」の転換社債購入名目で現金3500万円をだまし取った疑いがある。

 同署は、同じ手口を使って全国で数十人、総額1億円を超える被害があり、共犯者が他にも多数いるとみて、調べを進めている。

2011年07月21日

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード