金鉱山の投資話にご注意/山陽小野田

◆60代女性が1800万円被害

  金鉱山の開発会社の社員券を高値で買い取るとの名目で、山陽小野田市の60代の無職女性が、1800万円をだまし取られる被害に遭った。山陽小野田署が6日、発表し、詐欺事件として調べている。

  県警によると、女性宅に6月14日、二つの証券会社から「金鉱山の開発会社の社員券を高値で買い取っている」とそれぞれ電話があった。数日後、女性宅に、金鉱山開発会社の社員券の購入を勧誘するパンフレットが別の会社から届いた。

  その後、前回電話してきた証券会社2社から「社員券の購入を仲介している。買ってくれれば、高値で買い取る」と電話があった。女性は、先にかけてきた会社に2日間で計約200万円を振り込み、後からかけてきた会社は断った。すると、断られた会社が「あなたが情報を他社に漏らしたせいで損害が出た。もっと社員券を買い取ってくれ」と電話があり、さらに1600万円を振り込んだという。

  女性が署に相談して、発覚した。女性は一人暮らしだった。県警は、6月以降、50~80代の男女宅6軒に似たような電話があったことを確認していて、注意を呼びかけている。(高田正幸)

2011年07月07日

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード