130店で偽造カード使用 容疑の男逮捕 被害額1000万円超えか?

 他人のクレジットカードの情報を入力した偽造カードを使って商品を購入したとして、警視庁組織犯罪対策特別捜査隊は、詐欺などの疑いで、東京都世田谷区上祖師谷、無職、上野浩容疑者(47)と世田谷区喜多見、無職、内山喜実容疑者(37)ら男3人を逮捕した。

 同隊によると、上野容疑者が主犯とみられるが容疑を否認。ほかの2人は、「上野容疑者から偽造カードをもらって買い物した」などと容疑を認めているという。

 同隊は上野容疑者らが昨年12月ごろから、東京都や愛知県のコンビニなど計約130店で、偽造カードを使って計約1000万円の物品を購入し、転売して換金したとみている。今後、他人のカード情報の入手方法について詳しく調べる。

 逮捕容疑は、5月3日午前11時35分ごろ、東京都杉並区阿佐谷北の総合スーパーマーケットで、偽造カードを使って携帯用ゲーム機3台(計約6万8000円相当)を購入したなどとしている。

 同隊は関係先の家宅捜索で、偽造カード計220枚のほか、カードで買ったとみられるたばこ計約3200箱を押収した。

2011.7.27 12:24

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード