FX取引名目出資法違反事件 逮捕の男2人、詐欺の疑いもあるとみて捜査

外国為替取引の名目で、無資格で資金を預かった男2人が、出資法違反の疑いで逮捕された事件で、警察は詐欺の疑いもあるとみて捜査をしている。

この事件で逮捕された金子陽精容疑者(32)ら2人は、元本が保証され、5%から10%の配当金がある外国為替証拠金取引、いわゆるFX取引の名目で、2009年、鳥取、島根、兵庫に住む10人から、あわせて4,600万円を無資格で預かった出資法違反の疑いが持たれている。

金子容疑者は2月、「(3億円ぐらい使い込みしてる?)全然違います」と話していた。

これまでの取り調べに対し、金子容疑者は「金を借りただけ」と容疑を否認している。

警察は、FX取引の配当が滞っていたことなどから、詐欺の疑いもあるとみて捜査している。

(07/27 12:54 山陰中央テレビ)

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード