偽造入浴券600枚、換金図る=詐欺未遂容疑で男2人逮捕-警視庁

 偽造入浴券600枚を金券ショップで売却しようとしたとして、警視庁捜査2課と愛宕署は17日までに、偽造有価証券行使と詐欺未遂の容疑で、埼玉県川越市古谷本郷、無職牧山忠夫(68)、東京都練馬区小竹町、同川名兼雄(62)両容疑者を逮捕した。いずれも「偽造された入浴券だとは知らなかった」と容疑を否認しているという。

 逮捕容疑は10月15日、港区の金券ショップ2店で、偽造された都公衆浴場業生活衛生同業組合が発行する額面450円の共通入浴券300枚(13万5000円相当)をそれぞれ売却しようとした疑い。

(2011/10/17-11:49)

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード