勝手に連帯保証人 督促状届き発覚

 秋田中央署は13日までに、詐欺などの疑いで秋田市旭南、指定暴力団山口組系組員宇沼真司容疑者(36)と宮城県石巻市湊伊原津、自営業日諸完容疑者(40)を逮捕した。

 逮捕容疑は2009年5月中旬、秋田市の女性を勝手に連帯保証人として秋田市社会福祉協議会に融資を申し込み、4万円の小切手1通をだまし取った疑い。日諸容疑者はかつて女性の同僚で、実印を預かっていた。

 秋田中央署によると、宇沼容疑者は容疑を否認しているが、日諸容疑者は大筋で認めている。9月に女性に督促状が届き発覚した。(共同)

[2011年10月13日19時4分]

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード