千葉・市川で振り込め相次ぐ…被害総額2500万円に

 千葉県警市川署は7日、息子を装うなどして高齢の女性をだます振り込め詐欺が、4~5日に市川市で4件あり、被害総額が計2500万円に上ったと明らかにした。

 同署によると、5日午前11時半ごろ、同市の無職女性(86)宅に長男を名乗る男が「支払い用小切手入りのかばんをなくした。金を貸してほしい」と電話。上司を名乗る男が代わり「2800万円の小切手が入っていた。1000万円は借りられたので、残りを工面してほしい」と持ち掛けた。

 同日午後2時ごろ、長男の同僚を名乗る男が女性宅を訪れ、現金1800万円を受け取って立ち去った。女性は50代の長男と同居していたが、長男は外出中だった。

 このほか、いずれも同市内に住む60代から80代の女性3人が、息子や孫を名乗る男の電話でそれぞれ200万~300万円をだまし取られた。

[ 2011年10月7日 19:09 ]元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード