受け取り詐欺450万 静岡の女性が被害

 静岡市駿河区の無職女性(78)が14日、息子を装った男から現金450万円をだまし取られたと静岡南署に届け出た。同署は振り込め詐欺事件とみて調べている。
 同署によると、女性宅に13日午前11時半ごろ、息子や弁護士事務所の関係者を名乗る男から「450万円を返さなければならない」「息子さんに代わって事務所の者がお金を受け取りに行く」などと電話があった。女性は同日午後、訪ねてきた弁護士事務所関係者を名乗る男性に450万円を手渡したという。
 息子は50代の静岡高卒業生。同市駿河区内では50代の静岡高卒業生宅を狙った振り込め詐欺事件が相次いでいる。

沼津では200万

 沼津市の自営業の女性(79)が14日、「孫を名乗る男に200万円をだまし取られた」と沼津署に届け出た。同署が振り込め詐欺事件として調べている。
 同署によると、13日午後7時ごろ、女性宅に孫を名乗る男から「風邪を引いた」と電話があった。14日午前9時ごろ、再び男の声で「会社の金を使ってしまった。別の人が現金を受け取りに行く」などと言われ、女性は自宅を訪れた男に現金200万円を渡したという。男は40~50歳ぐらいで、身長170~175センチ。がっちりした体格で短髪、紺色のスーツを着ていたという。

受け取り詐欺容疑者を逮捕 静岡南署など

 静岡南署、島田署などの振り込め詐欺事件合同捜査本部と県警捜査2課は14日、詐欺の疑いで千葉市稲毛区、無職の男(45)を逮捕した。逮捕容疑は複数の仲間と共謀して6月13日、沼津市の無職女性(79)に孫を名乗って電話をかけ、「会社で失敗してどうしても150万円が必要になった」「100万円用意してくれればなんとかなる」「経理の人が家の近くまで行くのでお金を渡してほしい」などとうそを言い、孫の会社の経理係を装って沼津市内の路上で現金101万円をだまし取った疑い。

(10/15 07:09)

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード