川口で振り込め詐欺 被害1000万円

 22日午後6時ごろ、埼玉県川口市の無職女性(81)から「振り込め詐欺にあった」と武南署に相談があった。

 武南署の調べでは、20日午後1時15分ごろ、女性方に孫(30)を装った男から「本社の人に現金を見せなくてはならないが、銀行が下ろさせてくれない。お金を用意してくれないか」などと電話があった。さらに、孫の上司を名乗る男が電話口に出て「1000万円だけど、後で返す。本社の者が取りに行く」などと言われた。信じた女性は定期預金を解約して現金1000万円を用意。同日午後3時ごろ、自宅付近の歯科医院で、孫の勤務先の職員を名乗る男に現金を手渡した。

 武南署によると、女性は22日午後5時ごろ、孫に会って話した際にだまされたことに気付いたという。金を受け取りに来た男は30歳くらいだった。

2011.10.23 17:02

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード