振り込め詐欺で、70代女性200万円被害

 愛知県清須市の70代の女性が先月末、息子をかたる男から「既婚者と浮気をして子どもができた」という内容の電話を受け、合わせて200万円をだまし取られる被害があった。警察は振り込め詐欺事件として捜査している。警察の調べによると、先月21日、この女性の家に息子をかたる男から「風邪をひいてのどが痛い。病院に行ったほうがいいか」との電話があった。女性は三男だと信じ、病院へ行くようすすめると、男は「わかった。あす話したいことがある。携帯電話も壊れたので番号が変わった」などと言って電話を切った。その翌日、同じ男から電話があり、女性が話したいと言っていた内容を尋ねると、男は「既婚者と浮気をして子どもができた。弁護士を使って慰謝料を持って行かなければいけない」などといったため、指定した口座に計200万円を振り込んだという。その後、女性は男の携帯電話へ電話をしたがつながらず、三男の元の番号へかけて被害に気づいた。女性は、夫と長男、二男との4人暮らしだったが、「相談できずにいた」といい、被害に気づくのが遅れたとみられる。

[ 10/12 8:53 中京テレビ]

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード