振り込め詐欺使用のカード譲渡した疑い

京都の高校教員逮捕

 振り込め詐欺に使用された口座のキャッシュカードを譲渡したとして、小松署は7日、京都市左京区田中南西浦町、私立高校教員門田(もんでん)竜一容疑者(47)を犯罪収益移転防止法違反(通帳等の交付)の疑いで逮捕したと発表した。逮捕は9月21日。

 発表によると、門田容疑者は8月上旬、自身の銀行普通預金口座のキャッシュカード1枚を正当な理由無く第三者に譲り渡した疑い。門田容疑者は7月中旬、携帯電話に融資案内のメールを受け、指定された都内の私書箱宛てにキャッシュカードを郵送したといい、「悪用されると認識していたが、融資を受けたかった」と供述しているという。

 門田容疑者がキャッシュカードを郵送した直後、小松市では60歳代の自営業男性が振り込め詐欺で50万円をだまし取られる事件が発生。振込先を調べたところ、門田容疑者の口座と判明した。

(2011年10月8日 読売新聞)

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード