振り込め詐欺容疑、引き出し役の大学生ら逮捕

 福岡県警は20日、振り込め詐欺の引き出し役をしていたとして、私立福岡工業大の学生2人を含む3人を窃盗容疑で逮捕した、と発表した。県警は、3人を含むグループが関係したとみられる振り込め詐欺事件が14件(被害総額約4000万円)発生しているとし、全容解明を進めている。

 発表によると、3人は同県飯塚市上三緒、ブティック店員坂口健太容疑者(25)と、いずれも福岡工業大生の同県直方市上新入、岡野翔太(21)、同県遠賀町田園3、武内雄祐(21)の両被告(いずれも窃盗罪で起訴済み)。

 6月下旬、千葉県に住む被害者が、「株式を購入して損をしたので振り込んでほしい」という親族を装った電話にだまされ、500万円を詐取された事件に関連。同月下旬、福岡市東区内の現金自動預け払い機から5回にわたって、不正に入手した他人名義のキャッシュカードで計100万円を引き出した疑いなどが持たれている。

(2011年10月20日 読売新聞)

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード