振り込め詐欺 飲食店店長逮捕

東京の76歳の女性に息子を装って電話をかけ、「会社の金で株を買ったが失敗したので、金を貸してほしい」などとうそを言って、現金380万円をだまし取ったとして、21歳の飲食店店長の男が逮捕されました。

逮捕されたのは、東京・板橋区の飲食店店長、山野上雄賀容疑者(21)です。警視庁の調べによりますと、山野上容疑者はことし6月、仲間の男女数人と共謀して葛飾区に住む76歳の女性の自宅に息子を装って電話をかけ、「会社の金で未公開株を買ったが失敗してしまった。お金を貸してほしい」などとうそを言って、現金380万円をだまし取った詐欺の疑いが持たれています。調べに対し、山野上容疑者は「知らない、関係ない」と容疑を否認しているということです。この事件を巡っては、詐欺に使う携帯電話の調達や現金を受け取る「受け子」をしていた20歳から23歳の男女3人がすでに逮捕・起訴されていて、このうち20歳の男が宅配業者を装って女性の自宅を訪れ、現金を受け取っていたということです。山野上容疑者は、犯行グループの主犯格とみられていて、仲間の1人は「手に入れた金のうち90%は山野上容疑者を含めた上の人間に渡していた」と供述しているということです。警視庁は、山野上容疑者が同じような手口の別の詐欺未遂事件にも関与したとみられることから、さらに余罪があるとみて捜査しています。

10月3日 17時47分

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード