法定金利433倍で荒稼ぎ “ヤミ金”経営者ら逮捕

 男らは、法定の400倍以上の利息で金を貸していたとみられています。

 貸金業の元店長・岸浩司容疑者(27)ら8人は今年5月までの1年間に、北海道の女性(40)ら10人に対して最大で法定金利の433倍で金を貸した疑いが持たれています。警視庁によりますと、岸容疑者らは、摘発を逃れるため9つの会社名を使い分けていました。8人は容疑を認めています。岸容疑者らは、1年間で全国の約900人に違法な高金利で金を貸しつけ、1億4000万円の利息を荒稼ぎしていたということです。

(10/24 18:28)

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード