視覚障害者を装った詐欺疑いで逮捕

視覚障害者のふりをして身体障害者手帳を入手し、生活保護費の障害者加算分を不正に受給していた疑いで4日、鳥取市北園の山田忠春容疑者60歳が逮捕された。警察によると山田容疑者は2008年8月に鳥取市内の眼科を訪れ、視力検査を受ける際、「見えない」と嘘を言って診断書を作ってもらい、身体障害者手帳を入手。そして、その身体障害者手帳を使い、2008年11月から今年8月までの間生活保護費の障害者加算分、およそ73万5000円を騙し取った疑いがもたれている。身体障害者手帳の交付を行う鳥取市福祉事務所の職員から、「山田容疑者が自動車を運転している」という通報を受け、事件が発覚したという。山田容疑者は警察の調べに対し、身体障害者手帳の発行を受けた「2008年時点では目が見えず、現在は見えている」と話し、容疑について否認しているという。

[ 10/4 19:35 日本海テレビ]

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード