詐欺未遂容疑で無職少年を逮捕、振り込め被害5回目に/川崎

 高齢の女性から現金をだまし取ろうとしたとして、泉署は30日、詐欺未遂の疑いで、川崎市幸区の無職少年(18)を現行犯逮捕した。女性は4回にわたり計約1440万円の振り込め詐欺被害に遭ったが、5回目で気付き、逮捕につながった。

 逮捕容疑は、同日午後1時40分ごろ、横浜市泉区の70歳代の無職女性に「借金返済でお金が必要。280万円用意して」と長男を装って電話し、現金をだまし取ろうとした、としている。

 同署によると、27~29日に長男を名乗る男から相次いで現金を求める電話があり、女性はそのたびに現金を下ろし、取りに来た男に手渡した。30日も電話を受けたが、長男本人に借金の理由を電話で尋ね、振り込め詐欺と気付いたという。相談を受け、張り込んでいた署員が取り押さえた。

 同署の調べに対し、少年は「駅で知らない男から1回10万円の仕事があると声を掛けられた」などと供述。ほかに仲間がいるとみて捜査している。

2011年10月1日

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード