「米国で妻になっている」交際女性から300万円詐欺容疑 水戸

 茨城県警水戸署は1日、詐欺の疑いで、水戸市見川町、無職、朝蔭隆男被告(47)=別の詐欺事件で起訴=を再逮捕した。

 逮捕容疑は、平成21年8月4日、当時交際していた県内在住の無職女性(44)に対して、自分が米国籍だと偽り、「お前は米国ではもう俺の妻になっているから税金を納めなければならない。金を渡してもらえれば、手続きする」などと307万円をだまし取ったとしている。同署によると、朝蔭容疑者は「全く身に覚えがない」と容疑を否認している。

 朝蔭容疑者は今年10月11日にも交際中の女性から100万円をだまし取ったとして詐欺容疑で逮捕、同罪で起訴されている。

2011.11.1 22:01

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード