キャバクラ嬢を社員と偽装 国の助成制度を悪用

 京都府警は7日、中小企業に休業手当などを助成する国の制度を悪用し、経営するキャバクラの女性従業員らを実態のない会社の社員と偽装して、計約1000万円をだまし取ったとして、詐欺の疑いで韓国籍のキャバクラ店経営者(49)ら男女5人を逮捕した。

 5人の逮捕容疑は、京都・祇園で経営するキャバクラ3店の女性従業員ら約70人を営業実態のない3社の社員と見せ掛けて、休業手当を支払ったように偽装。2010年1~4月、京都労働局に休業手当などの一部が補助される助成金を申請し、計約1000万円をだまし取った疑い。

 経営者ら3人は容疑を否認し、ほかの2人はおおむね認めている。

 京都府警によると、経営者らは同じ会社名を使い、ほかにも約5000万円の助成金を受給。府警は不正受給の疑いもあるとみて捜査する。

[ 2011年11月7日 22:24 ]元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード