土地開発名目で1800万円詐欺被害 灘区の82歳男性 神戸

 灘署は28日、神戸市灘区の無職の男性(82)が、不動産仲介業者を名乗る男に現金約1800万円をだまし取られる被害があったと発表した。

 同署によると、男性は10月上旬、約30年前に北海道で購入した土地(約650平方メートル)について、男から電話で「造成したら住宅地として売れる」と持ちかけられた。男性は男の指示に従い、権利書の作成費や造成費用などの名目で、8回にわたって指定の口座に振り込み、現金約1800万円を詐取されたという。

 男性が今月上旬、地元の郵便局で9回目の振り込みをしようとした際、窓口の職員に注意を促されて被害に気付いたという。郵便局から相談を受けた灘署が調べたところ、仲介業者が実在しないことが判明した。

2011.11.29 02:07

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード