太平洋興発の元契約社員逮捕=詐欺容疑、管理組合から6億円か-警視庁

 業務委託されたマンション管理組合名義の口座から7000万円を無断で引き出したとして、警視庁捜査2課と蔵前署などは2日、詐欺容疑で、東証1部の不動産会社「太平洋興発」(東京都台東区)元契約社員奥沢輝雄容疑者(60)=埼玉県鶴ケ島市=を逮捕した。同課によると、容疑を認めているという。

 同社などによると、同容疑者は委託された都内や山梨県のマンションで管理業務を担当し、組合名義の口座も管理。2009年7月~今年2月、8組合の口座から計約5億8000万円を不正に引き出したとみられる。

 逮捕容疑は昨年4月中旬ごろ、港区のマンション管理組合理事長に「口座を一つ増やす必要がある。届け出印を用意してほしい」と偽り、同月下旬と10月下旬ごろの2回にわたり、届け出印を勝手に使い管理組合の口座から現金7000万円を引き出した疑い。

(2011/11/02-11:31)元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード