振り込め詐欺:77歳女性、1500万円詐取--松戸 /千葉

 松戸署は18日、松戸市内の無職女性(77)が現金1500万円をだまし取られる振り込め詐欺事件があったと発表した。

 同署によると、18日午前10時半ごろ、女性宅に同居するおいを装う男から「会社の金を使い込んだ。監査が入ると問題になるので800万円準備して」と電話があった。約30分後に銀行員を装う男が訪れ、自宅にあった800万円をだまし取られた。さらに20分後、おいの上司を装う男から「800万円ではなく1800万円。300万はなんとかするから、あと700万円用意して」と電話があり、女性は銀行で現金を引き出し、午後1時45分ごろ、再び女性宅を訪れた男に700万円をだまし取られた。その後、不審に思った女性がおいや警察に連絡し被害が発覚した。女性宅を訪れた男は、45歳くらいで身長約160センチのやせ形。白髪交じりで灰色のスーツを着ていたという。

 また、16~17日にも松戸市内で89歳と74歳の女性が同様の手口で計500万円をだまし取られていたことも判明。女性らは18日に警察に被害を届け出た。【斎川瞳】

毎日新聞 2011年11月19日 地方版

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード