新庄で還付金詐欺

 新庄署は3日、新庄市内の無職女性(80)が医療保険の還付金名目で50万円をだまし取られたと発表した。発表によると、3日午後0時10分頃、女性宅に社会保険事務所の職員を名乗る男から、「医療保険の還付金があります。還付するにはキャッシュカードが必要。これから職員が取りにいきます」などと電話があった。1時間以上通話している間に、キャッシュカードの暗証番号を聞き出され、女性宅に現れた別の男に、キャッシュカードを持っていかれたという。

 同署によると、電話の声は標準語だった。同様の不審電話の情報は寄せられていないという。

(2011年11月4日 読売新聞)

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード