未公開株売買で600万円詐欺被害 函館

 【函館】函館市の無職女性(75)が1日、ソーラーパネル開発会社社員を名乗る男に約600万円をだまし取られたと函館中央署に届け出た。同署は未公開株の売買を装った詐欺事件とみて調べている。

 同署によると、今年9月上旬、女性方に事業の概要を紹介する冊子が届き、男から電話で「東京の人が、この会社の未公開株をほしがっているが、北海道限定なので購入できない。1千万円支払うので、代わりに700万円分購入してほしい」などと持ちかけられた。

 女性は函館市内の金融機関の現金自動預払機(ATM)などから指定された口座に9月12日~10月27日に現金約600万円を6回に分けて振り込んだが、男と連絡が取れなくなり、だまされたことに気づいたという。

(11/03 00:04)

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード