東日本大震災から福島第一原発事故の中、偽の飲料水販売サイトでフィッシング詐欺を実行の男が逮捕

2011年11月11日、東日本大震災から福島第一原発事故の中、偽の飲料水販売サイトでフィッシング詐欺を働いたとして、31歳の無職の男が逮捕された。

(参考:大阪の水資源詐欺グループと同一か?-日向市の男性が240万円の被害で提訴)

逮捕されたのは東京都大田区の無職・佐藤尚容疑者(31歳)。同容疑者は、震災後の原発事故後のミネラルウォーターが不足した時期に、「水市場」という偽のオンラインショップを開設。このサイトでフィッシング詐欺を働き、他人のクレジット情報を入手した疑いがもたれている。

同容疑者は、サイトの開設について認めているが、それは人に頼まれてやったと容疑を否認しているという。同容疑者は同サイトのフィッシング詐欺により、入手したカード情報を使用し、ネット上で衣料品の購入をしようとしていた。

[ 2011/11/15 ]元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード