生活保護受給者に“ヤミ金”貸し付け 容疑で親子逮捕 神戸

 無登録で貸金業を営み、法定利息を超える高金利で現金を貸し付けたとして、県警生活経済課などは1日、出資法違反と貸金業法違反の容疑で、神戸市長田区の自称貸金業、鬼塚弘(72)と、長男で大阪府吹田市の自称貸金業、鬼塚貴行(44)の両容疑者を逮捕した。2人は容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、5月~9月、無登録で貸金業を営み、神戸市兵庫区に停車中の車内などで市内の男性2人に計15万円を貸し付け、1日の法定利息の約7~22倍に当たる利息計約4万1千円を受け取るなどしたとしている。

 県警によると、2人は生活保護受給者を主な顧客としてヤミ金業を経営。生活保護費が振り込まれる毎月1日に銀行近くで金の受け渡しを行っていたという。

2011.11.2 02:30

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード