還付金詐欺:マルチ商法被害の70代女性、1880万円被害 /青森

 三沢署は25日、上北郡の70代農業女性がマルチ商法の被害者に対する還付金を装った詐欺に遭い、約1880万円をだまし取られたと発表した。同署管内では9月、70代無職男性が同様手口で約300万円の被害に遭ったばかり。同署は詐欺事件とみて注意を呼びかけている。

 同署によると、女性はマルチ商法の被害者で、8月中旬に会社員を名乗る男から「投資した金を還付する。上乗せして礼をするので別の会社に540万円の投資を申し込んでほしい」と電話で勧誘された。その後も電話で繰り返し支払いを求められたため、9月7日~10月27日、計9回約1880万円を指定された金融機関の口座に振り込んだ。

 9回目を振り込んだ後に男と連絡が取れなくなって発覚。25日に同署に被害届を出した。【高橋真志】

毎日新聞 2011年11月26日 地方版

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード