1500万円、振り込め詐欺被害 千葉・松戸

 千葉県警松戸署は18日、松戸市内の無職女性(77)が、おいをかたる男から、1500万円をだまし取られる詐欺被害にあったと発表した。

 同署によると、18日午前10時半ごろ、女性宅においを名乗る男から「会社の金を使い込んでしまった。監査が入るから問題になる。800万円をゆうちょ銀行員のキムラに取りに行かせる」と電話があった。女性は同11時ごろ、自宅を訪ねてきたキムラを名乗る男に現金800万円を渡した。その20分後、上司のワタナベを名乗る男から「800万円ではなく、1800万円だ。300万円は何とかするから、あと700万円準備してください」と電話で告げられ、同日午後1時45分ごろ、キムラと名乗る男に再び現金700万円を渡したという。

 女性は2回目の現金を渡した直後、不審に思い、おいに電話で確認してだまされたと分かり、同署に通報した。同署は振り込め詐欺事件として捜査している。

 同署管内では16~17日にも同様の手口で2件、計500万円の被害があった。

2011.11.18 20:22

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード