「優良社債、代理で買って」=後からインサイダーと脅し―詐欺容疑で6人逮捕

 実在しない会社の社債に価値があるよう装って購入の申し込みをさせ、後からインサイダー取引に当たると偽り、現金を支払わせたとして、千葉、鹿児島両県警の合同捜査本部は2日までに、詐欺容疑で川崎市麻生区岡上、無職芝山忠容疑者(53)ら男6人を逮捕した。いずれも容疑を否認している。

 捜査本部は、グループが千葉県など31都道府県で81人から計約6億7000万円をだまし取ったとみて調べを進める。

 捜査本部によると、芝山容疑者らは被害者宅にパンフレットを送り、被害者が最初は現金を支払わなくて済むよう、社債を欲しがっている第三者の代わりに名義を貸す形で購入を申し込めば謝礼金がもらえるという方法で勧誘していた。

時事通信 12月2日(金)23時37分配信

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード